白井田七茶の口コミ&効果を検証中

白井田七茶が粉末の緑茶を使用する秘密

「ティーパックじゃないのはなんで?」

 

「急須に入れて飲みたいのに、、」

 

 

粉末状のお茶に抵抗を感じる人も少なからずいらっしゃると思います。

 

そこで少し掘り下げてみたいと思います

 

まず粉末状のメリットから

 

ズバリ最大のメリットは、、

 

緑茶の栄養を全て丸ごと摂れる!

 

これが最大最高のメリットでしょう

 

シンプルに考えるとそのまま食べるのが一番だから当たり前です

 

でも食べれませんよね?

 

当たり前です。失礼しました。

 

私たちは草食どうぶつではありません

 

そのままのお茶の葉など硬くて、苦くて食べられたものじゃないでしょう

想像してみるまでもありませんが

 

 

 

だから、人間は考えたのでしょう

 

「この栄養満点の葉っぱをどうにか自分の体内に入れたい」

 

その過程の試行錯誤からお茶が生まれたものと勝手に想像しますが

 

ほぼあってるでしょう(笑)


 

緑茶の栄養 × 手軽でおいしく = ティーパック方式

 

緑茶の栄養 × 手軽でおいしく = 急須でお茶っぱを煮出す方式

 

これで完璧でしょうか?

 

 

ここで少し急須に入ったお茶をイメージしてみてください

 

飲み終わった後の急須の蓋を取って中を見てください

大量の茶殻が残ってませんか?

 

 

この「大量の茶殻」に緑茶の栄養が7割残ってるんです。

 

なぜか?

 

お茶の栄養素は7割が水溶性ではありません

 

水溶性なのは3割にしか過ぎません

 

煮出したお茶の中には水に溶けてくれない栄養は入っていないのです。

 

残念ですが、、

 

「美味しいお茶が飲めればそれでいい」と感じる人には必要ない知識でしょう

 

しかし、あなたはどうですか?

 

ここまで読んでいただいてるあなたはそんな人ではないと思います。

 

ここでもう少し考えてみたいと思います。

 

良いお茶の条件

美味しいこと

 

身体に良いこと(栄養がたくさんとれる)

 

ティーパックと急須で煮出す方式では【@美味しい】は問題ないです

 

こだわる人や入れ方などは、少し脇に置いておきます。
(このサイトの目的からずれてしまいますから)

 

「大量の茶殻」に緑茶の栄養が7割残ってるとしたら

 

【A身体に良い(栄養がたくさんとれる)】はティーパックと急須で煮出す方式では難しいことが明らかです。

 

”お茶に含まれる栄養素の7割は水に溶け出してくれない”

 

 

この課題を解消する方法として、「粉末状にして丸ごと飲めるようにしたらいいじゃないか?」

 

って思いつかれたんだと想像します(笑)


 

粉末にすれば、そもそも「茶殻」は生まれません。

 

お茶っ葉を細かく細かく加工することで

 

@美味しい
A身体に良い(栄養がたくさんとれる)

 

両方の条件を見事に満たしてくれました!

 

粉末茶は完璧じゃないですか!?

 

完璧? 本当に、、?

 

残念ながら完璧なんてものはこの世に存在しません。

 

もちろん、粉末茶にもデメリットがあります。

 

粉末茶のデメリット

 

「だまになりやすい」= よーく混ぜる手間が必要になる。

 

丸ごと飲むということは農薬もそのままいただくことになる・・・

 

「値段が高い」 粉末じゃないお茶が袋に入ってる分量で考えたら何分の1だ?

 

この3点でしょう。

 

この3点についても掘り下げてみます

 

「非常にだまになりやすい」= よーく混ぜる手間が必要になる

 

何の知識もなく粉末を扱うと絶対に陥ってしまう罠です(笑)

 

お湯を先に入れてしまったらもう目も当てられません

 

お湯で溶かすか、水で溶かすかでも変わってきますし

 

しかし、逆に考えれば知識さえしっかり学べば全く問題ないです。

 

だまになりやすい = だまになる ではなくて

 

だまになりやすい ≠ だまになる なのです!

 

手順を守ればだまになったお茶を飲むハメにはなりませんのでご安心を

 

 


 

 

A丸ごと飲むということは農薬もそのままいただくことになる・・・

 

詳しくはコチラ→白井田七茶が危険!?「農薬」が体内に入ってますよ!

 

B「値段が高い」 粉末じゃないお茶が袋に入ってる分量で考えたら何分の1だ?

 

詳しくはコチラ→白井田七茶は高額?値段を決める2%の田七人参