白井田七茶の口コミ&効果を検証中

白井田七茶が危険!?「農薬」が体内に入ってますよ!

 

茶葉をまるごと粉末状に加工するということは、、

 

そうです。茶葉に含まれる農薬も栄養もダイレクトにいただきます

 

ということは、

 

茶葉を生産している農園が重要な鍵を握っています

 

農園にはどんな種類があるでしょうか?

 

農薬バンバン使って安定して大量生産して安価で提供する農園

  • 天候や虫の影響を農薬などでコントロールすることで最小限におさえる

 

完全無農薬・無化学肥料によるこだわりのために高価でしか提供できない農園

  • 農薬などによるコントロールを手放すことで天候にも虫にも大いに影響を受ける
  • 農薬を使う何倍もの労力をかけることでコストが高くなり高価で販売されているもの

 

この二つは両極端なので、その中間にポジションを取る農園

  • 有機栽培と名乗っているが使う許可が出ている農薬は使用している
  • 良く言えば「いいとこ取り」であり悪く言えば「中途半端」ともいえる

 

 

あなたは誰から買いたいですか?

 

私は、2人の子供を持つ親になってから健康には気をつかうようになりました。

 

今は、鼻づまりを解消するために「白井田七茶」を飲んでいます。

 

値段が法外な値段でなければ一番こだわっている農家さんから100%安心して買いたいです。

 

 

ここからの話は、「農薬全然OK!」「 安いのが一番!」という価値観の方は時間の無駄になりますので読まないでください

 

粉末茶はお茶の栄養を余すところなく取り入れることができる最高の方法です

 

それは間違いない事実です。

 

しかし、諸刃の剣でもあるのです

 

そう、農薬も余すところなく取り入れてしまします。

 

丸ごといただくとはそういうことですよね

 

栄養を最大限取り入れてるのと引き換えに農薬も取り入れないとしたら、、、

 

「何のために飲んでるのか?」わからなくなってきます(笑)

 

そこでお茶を栽培している農園が重要なポイントになってきます

 

どんな農園かを確認する2ポイント

 

 

どんなポリシーで栽培していてるのかのを知る

どんなポリシーで栽培していてるのかのを知るにはその農園のHPを見るのが一番です

 

「どんな思いで作っているのか?」

 

「どんな方法で作っているのか?」

 

そこが具体的であればあるほど信頼性は高いと言えます。

 

考えている証拠ですから

 

「実際にそれをどう信用したらいいのか?」の基準がある

信頼性はその農園が取得してる資格と「情報を公開しているか?」が参考になります

 

有機栽培ではJASが有名ですね。

 

ザックリ言うと、

 

「国が認めた有機栽培の基準を守っているか?」という基準を満たしてる証明です

 

では、

 

白井田七茶が作られてる農家はどんな方でしょうか?

 

「葉っピイ向島園」

 

happyと葉っぱをかけて「葉っピィ」がキャッチフレーズの農家さんです
(おもしろいネーミングですね)

詳しくはコチラ

 

 

結論から申し上げますと

 

かなりこだわりの有機栽培農業をされている方(完全な無農薬・無化学肥料)であり

 

信頼できると思いました。

 

「なぜ信頼できると思ったのか?」

 

まず、目に付いたところから

 

JAS有機認定を取得してる
(2000年に有機JAS方が改定されてから、お茶部門で日本で最初に認定を受けた農園である)

 

33年という有機栽培歴の長さ
(昭和57年から完全な無農薬・無化学肥料が始まってます)

 

「ふーん、なるほど」

 

でも普通な感じですよね?

 

「有機栽培とは何か?」を何となくでしか理解してない私の第一印象でした。

 

しかし知れば知るほど凄さがわかるものです。

 

JAS有機認定には使用してもいい農薬があります。

 

つまり、有機栽培=無農薬栽培ではない のです。

 

しかも遺伝子組換え肥料も使用許可されているものがあります

 

葉っピイ向島園では、33年間完全な無農薬・無化学肥料で生産してることを誇りにされてます

 

それを証明するために毎年すべての茶葉に対して400項目以上の残留農薬検査をされてます。

 

さらに、その情報を毎年更新して公開されてます

 

ここまでやられてる農家さんはなかなかいません。

 

相当な労力を注がれてきたことが伺えます

 

労力の証明をもう一つ

 

有機JASでは完全な無農薬・無化学肥料で生産していることが伝わらないとして

 

海外の有機認定を取得されてます。

 

NOP 全米オーガニックプログラム(NOP:National Organic Program)
 
詳しくはコチラ

 

エコサートECOCERT はフランスのトゥールーズを本部と する国際有機認証機関

詳しくはコチラ

 

海外の有機認定の取得はJASと比較にならないほど難しいかったために、かなりハードルが高い

 

しかしそれは葉っピイ向島園にとっては、他の有機栽培茶との差別化するには好都合な認定だったために

 

海外認定を2つを取得して、JASと合わせてトリプル認定を獲得することで証明されてます

 

しかし、それは過去の話です

 

2014/1/1有機認定JASのルールが改訂されました

 

NOPとエコサートの有機認定とJAS優位認定が同等性を持つという基準になりました

 

海外と日本では全く基準が違うのになぜでしょう?

 

 

政府の考えとしたはこのようなメリットを感じて行動したみたいです

 

TPPが絡んでいると思われます

 

農林水産省より「有機食品の同等性について」


 

葉っピイ向島園としては、当然納得できない内容ですが、国が決めたことには逆らえません

 

「NOPとエコサートを取得してる意味がなくなった」として
2015/1/31まででNOPとエコサートの認定を取り下げています

 

行動が早くて好印象ですね。

 

現在はJ-GAP認定を取得されています

 

新たに取得されたJ-GAP認定とはなんでしょうか?

詳しくはコチラ

 

農薬の管理、肥料の管理、水の管理、土の管理、放射能の管理といった

 

生産工程をどう管理して農業をやっているのかの基準を設けて

 

「食の安全」「環境保全」に取り組んでいることを認める認定みたいです

 

違うアプローチからの証明ですね

 

この流れを知っていく中で、「葉っピイ向島園は信頼できる」と判断しました。

 

白井田七茶を購入後した後に送られてくるメールの中に

 

葉っピイ向島園が特集されてるTVの録画動画が送られてきます。

 

それがこちら→葉っピイ向島園の生産者の日常が丸裸に!?

 

園主である向島和詞さんの人柄が非常によく分かる映像になっていて、好感を持ちました。

 

買うなら「好感の持てる人物が作っている」にこしたことはありませんからね。

 

毎日飲むならなおさらです。