白井田七茶の口コミ&効果を検証中

市販薬で鼻づまりを治す危険!? 【飲み薬編】

 

 

「一番簡単で効果的に鼻づまりを解消する方法は?」


 

と聞かれたらあなたはどう答えますか?

 

 

私なら「薬を飲むことです。」と答えます。


 

間違いのない事実です。

 

でも、、

 

本心は違います。

 

 

本音を吐けば、「薬は使用したくない」

 

というより、よほどのことがない限り使用しません。


その理由は薬のデメリットがどうしても嫌だからです

 

「どうしても」です。

 

「どうしても」の理由を感覚的にではなく、事実として見えるようにしたい!

 

そこで”楽で即効性が高い裏側”を今回は調べてみました。

 

わかりやすいように3種類を比較しながら見ていきます。

 

 

ちなみに今回挙げた薬は使用したことがありません。

 

本当に嫌なので(笑)

 

幸いなことに、まだいざというときも訪れてません

 

だからこそ重要な違いを発見しましたので、

 

実際に薬を飲まれてる方の体験談とは違う気づきを提供できると思います。


 

前提条件

 

製薬会社は薬を売ってナンボです。

 

なので売りたいために強みを全面的にアピールします。

 

弱みは注意事項にしっかり書かれてます(訴訟対策や法令遵守のため)

 

よく理解してから選ぶのは大切ですよね?

 

しかし、

 

注意事項を読むの面倒くさくないですか?

 

私はとても面倒くさいです。

 

なので徹底的に調べた結果をここに載せることで、二度と同じことをしなくていいようにしました。

 

注意事項をじっくり読むのが嫌だけど、薬を飲んで楽に即効で鼻づまりを改善したい方は是非参考にしてみてください

 

 

即効性ある薬で鼻づまりを楽に治す!ランキング

 

アレグラFX


出典http://www.allegra.jp/product.html

 

メリット

 

すぐに効いてくれる

 

「どうしてもこの日は」に対応してくれる強い味方

 

有効成分フェキソフェナジン塩酸塩 120mg有

 

アレジオン20、コンタック600PLUSより眠気を誘いにくい

アレグラFXだけ注意事項に服用後の車や機械系の操作はダメとは書いていません

 

デメリット

 

15歳未満は服用できません

 

服用前後の飲酒もダメです

 

妊婦や授乳中のお母さんはダメです

(動物を使った試験の結果、母乳に薬の成分の移行が認められる結果が出ているようです)

 

副作用が出る(強弱はある)

 

副作用として起こり得る症状

関係部位 症状
皮ふ のど・まぶた・口唇等のはれ、発疹、かゆみ、じんましん、皮ふが赤くなる
消化器 はきけ、嘔吐、腹痛、消化不良
精神神経系 しびれ感、頭痛、疲労、倦怠感、めまい、不眠、神経過敏、悪夢、睡眠障害
泌尿器 頻尿、排尿困難
その他 動悸、味覚異常、浮腫、胸痛、呼吸困難、血圧上昇、月経異常

 

まれに起こり得る症状

症状の名前 症状
ショック(アナフィラキシー) 服用後すぐに、皮ふのかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
肝機能障害 発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
無顆粒球症、白血球減少、好中球減少 突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。

 

添加物がこんなにたくさん入ってる
添加物:結晶セルロース部分アルファー化デンプンクロスカルメロースナトリウムステアリン酸Mg、軽質無水ケイ酸、ヒプロメロースポビドン酸化チタンマクロゴール400三二酸化鉄黄色三二酸化鉄

 

アレジオン20



出典
http://www.ssp.co.jp/file/product/all/alesion20/pdf

 

メリット

 

すぐに効いてくれる
「どうしてもこの日は」に対応してくれる強い味方

 

医療用と同量のエピナスチン塩酸塩を1錠あたり20mg含有

 

 

デメリット

 

車の運転や機械操作はダメです
(眠気があらわれることがある)

 

15歳未満は服用できません

 

服用前後の飲酒もダメです

 

妊婦や授乳中のお母さんはダメです

 

副作用として出る可能性のある症状

関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、はれ、かゆみ
消化器 吐き気・嘔吐、口内炎、胃部不快感、腹痛、胃重感、胃もたれ感、腹部膨満感、食欲不振
精神神経系 めまい、不眠、頭痛、頭がボーッとする、しびれ感、悪夢、幻覚、幻聴
呼吸器 息苦しい
循環器 動悸
泌尿器 排尿困難、頻尿、血尿、蛋白尿
その他 むくみ、ほてり、胸痛、痰がからむ、倦怠感、鼻づまり、月経異常、苦味を感じる、味覚が弱くなる、女性化乳房(男性に見られる女性のような乳房)、乳房が大きくなる

 

まれに起こり得る症状

症状の名前 症状
肝機能障害 発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
血小板減少 血液中の成分である血小板の数が減ることにより、鼻血、歯ぐきからの出血、青あざ等の出血症状があらわれる。

 

添加物がこんなにたくさん入ってる

 

添加物:無水ケイ酸乳糖ヒプロメロースポビドン、アクリル酸エチル・メタクリル酸メチルコポリマー、マクロゴールシリコーン樹脂ステアリン酸Mgタルク酸化チタントウモロコシデンプン

 

コンタック600PLUS


出典http://contac.jp/shared/pdf/con_600plus.pdf

 

メリット

 

すぐに効いてくれる
「どうしてもこの日は」に対応してくれる強い味方

 

有効成分(4カプセルを1日で飲むとして) 
塩酸プソイドエフェドリン 120mg が鼻粘膜の血管を収縮させて、充血や腫れを抑えて鼻水、鼻づまりを改善する

 

クロルフェニラミンマレイン酸塩 8mg がアレルギー症状を抑える

 

ベラドンナ総アルカロイド 0.4mg が鼻水、涙の過剰な分泌を抑える

 

7歳以上であれば飲む量を減らして服用できる

 

薬を飲む前後の飲酒ができるかも!?

薬を飲む前後の飲酒を禁止していません。

 

妊婦、授乳中は禁止ではなく医師に相談レベルになってます。

妊婦さんや授乳中の方は基本的にやめておきましょう

 

デメリット

 

7歳未満は服用できません

 

車の運転や機械操作はダメです
(眠気や目のかすみ、異状なまぶしさを感じるなどの症状があらわれることがある)

 

 

副作用として起こり得る症状

関係部位 症状
皮ふ 発疹、かゆみ、皮ふが赤くなる
消化器 はきけ、嘔吐、食欲不振
精神神経系 めまい、不眠、神経過敏、頭痛、けいれん
泌尿器 排尿困難
その他 顔のほてり、異常なまぶしさ

 

まれに起こり得る症状

症状の名前 症状
ショック(アナフィラキシー) 服用後すぐに、皮ふのかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。
スティーブンス・ジョンソン症候群、中毒性表皮壊死融解症 高熱、眼の充血、目やに、唇のただれ、喉の痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する
再生不良性貧血 青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白く見える、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。
無顆粒球症 突然の高熱、さむけ、喉の痛み等にあらわれる

 

添加物がこんなにたくさん入ってる
添加物:トウモロコシデンプン乳糖セルロースヒドロキシプオピルセルロースCMC-Caエチルセルロースグリセリン脂肪酸エステルタルク部分アルファー化デンプンゼラチン青色1号ラウリル硫酸Na

 

 

3社の商品を比較してみて気づいた5ポイント

 

 

過去の商品と比べて眠気を感じづらくなっている

 

抗ヒスタミン剤には第一世代と第二世代があります。

 

第一世代と第二世代の主な違いは有効成分にあります。

 

第一世代は脂溶性が高い成分が使われていて、脳の中にまで薬の成分が入るために眠気を強く感じます。

 

ヒスタミンが本来している脳内での役割を阻害するのが眠くなる原因です。

 

第二世代はこの問題が改善されています。

 

脳に入りづらくなったために、ヒスタミンそのものが脳内で伝達物質の役割をしているのを阻害しづらくなってます。

 

 

添加物がたくさん入ってる

 

自然にできたもの以外はあんまり好きになれません。

 

成分ごとにリンクを貼り付けているので一度見てください。

 

添加物の数の多さに驚かされます。

 

 

注意事項が多すぎる

 

製薬会社によって成分が違うこともあり副作用も様々ある

 

最悪はかなり稀にしても副作用の項目が多いと不安になる

 

調べていく中で皮膚粘膜眼症症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)が衝撃的でした。

 

これは知らないといけない事実かもしれません↓

 

スティーブンス・ジョンソン症候群の恐怖

 

 

年齢制限がある

 

アレジオン、アレグラは15歳から飲めます

 

コンタックは7歳から飲めます

 

 

口の渇き、便秘、下痢、眠気を感じることがある(3社共通)

 

排便が不定期、不安定な人は服用を避けたほうが無難です。

 

鼻づまりを解消してお腹の調子を崩しては何もなりませんからね。

 

個人的に、薬はよほどのことがないと使用したくありません。

 

薬に頼る前にできることはたくさんあります。

 

こちらもその1つでしょう。

 


 

 

添加物はもちろん、禁止事項などありません。

 

対象年齢もありません。

 

すべての人々が安心して飲めます。

 

なぜなら、無農薬の畑で取れたお茶と人参ですから

 

即効性は残念ながらありませんが、ゆっくり自然に効いてくれます。

 

「あれ?そういえば最近マシだな」という感じの気付きしかありませんが(笑)

 

薬より自然の力を最大限に活かす方法が好きです。

 

選択肢はたくさんあるのですから、

 

気持ちの良い選択肢を選びたいものです。