白井田七茶の口コミ&効果を検証中

薬使用NG妊婦が試した!花粉症・アレルギー性鼻炎解消方法!


妊娠中のみなさん

 

この時期花粉症・アレルギー性鼻炎に悩まされていませんか?

 

妊娠しているから、鼻がズルズルでだけど薬が飲めませんよね。

つらいですよね

 

薬がNGであれば、使用できる手は何があるか知っていますか?

 

●体を冷やさない?(鼻を温める?)

 

●鼻をつまみながら頭を上下させる?

 

●ペットボトルを脇に挟みますか?

 

●ミント系のガムを噛みますか?

 

あるいは、鼻づまりに効くツボを押しますか?

 

どれも一時的には効果あると思います。

 

手軽ですし、ほとんどお金もかかりません

 

しかしです。

 

一時的に鼻づまりが良くなればそれであなたは満足ですか?

 

鼻づまりを解消するということは一時的でいいのでしょうか?

 

一瞬は気持ちいいでしょう

 

しかし、また元に戻ってしまいます。

 

根本的な解決策ではないからです

 

これは薬にも言えるかもしれません。

 

薬は飲んだり、塗ったりすれば症状は改善されます。

 

飲み続けて有効成分作用してる間は効いてくれます。

 

しかし、妊婦さんにとっては大きな弱点があります。

 

飲んでいるときしか効かないのに、飲むことが実質不可能です。

 

薬である以上副作用がありますからね

 

鼻づまりに長期的に効く方法はあるのでしょうか?

 

長期的に効いてもらうためには、飲み続けないといけません

 

妊婦が飲み続けるための条件はなんでしょうか?

 

安心して飲めるもの

 

「本当に安心なの?」

 

妊婦がとってはいけない成分の代表格『カフェイン』『アルコール』があります。

 

アルコールは言う必要も無いと思いますが、

 

未成年の飲酒も禁止されてるのに赤ちゃんが飲んでいいはずないですよね

 

お母さん飲酒すると胎盤を通って赤ちゃんも飲酒と同じ状態になってしまいます

 

もう1つの代表格『カフェイン』は本当にダメなのでしょうか?

 

そもそもダメな理由は知っていますか?

 

妊婦さんはカフェインを控えるべき理由

 

●カフェインは脳を覚醒させる作用があり、過剰摂取すると不眠や精神興奮が起ってそもそも妊婦以外も過剰摂取はNGです

 

●海外の研究によると摂取量が増えるに従って、早産による未熟児が生まれてしまう可能性が高まります

 

 (毎日200mg以上カフェインを摂取する女性は流産の可能性が2倍になる研究結果もあります)

 

●カフェインが胎盤を通って赤ちゃんへ送られるが、赤ちゃんは代謝機能が未熟なのでカフェインを代謝するのが大変

 

●血管を収縮させる作用があることから胎盤の血流を減少させる可能性がある

 

これを読むと怖くなりますよね。

 

しかし、

 

あくまでもカフェインの悪い面に目を向けた結果であることを忘れないでください。

 

眠気や倦怠感を無くす作用があったり、解熱鎮痛作用もあります。

 

それぞれの体の状態に合わせて選ぶことがベストです。

 

完璧を求めたい方は表に載っているカフェインが入ってる食品を

 

ノンカフェインに切り替える or 食べないようにする

 

コーヒーが大好きでノンカフェインのコーヒーはもの足りないと思う方は

 

週に1〜2回ほど飲んでも良い日を決めるなど

 

毎日摂取する総量を知ることが大切です

 

1杯あたりのカフェイン含有量

品名 カフェイン含有量
インスタントコーヒー 60mg
ドリップコーヒー 100mg
インスタント紅茶 30mg
煎茶、ウーロン茶、ほうじ茶 20〜40mg
抹茶 48mg
玉露 200mg
コカ・コーラ(350ml缶) 34mg
板チョコ(50g) 20mg
ココア 10〜20mg

 

しっかり1日に取るカフェインの総量をコントロールできれば怖れる必要はありません。

 

あとは、農薬ですね。

 

効率を追い求めてきた代償として、農薬漬けの食品は少なくありません

 

赤ちゃんのことを考えると、農薬の入ってない or 少ない食品を選びたいですね

 

たくさんある食品の中で、基準を守っている食品はどうやって見分けるのでしょうか?

 

そこでオーガニックです。

 

有機JASマーク

 

第三者機関の保証が見分ける目印になります

 

可能な限り、安心安全な食品を赤ちゃんにも与えてあげたいです。

 

現実的な値段である

 

「買い続けられる値段なの?」

 

無制限にお金を使えるならこんな心配はしなくていいですが、

 

出産にもお金はかかりますし、子育てにも勿論お金はかかります

 

その後の教育を考えるとお金は大切に使いたいところですよね。

 

毎日飲むことを考えると値段は気になりますよね。

 

以上の『安心』と『お金』がキーポイントでしょう。

 

それでは、

 

「なぜ緑茶が”鼻づまりで悩む妊婦”に効果的なのか?」を見ていきましょう

 

緑茶がアレルギーに効く理由

 

ポイントは抗ヒスタミンです。

 

緑茶の栄養素であるカテキンが抗ヒスタミンと同じ作用をしてくれます

 

アレルギー反応を抑制してくれるのです

 

しかも粉末になっているので、お茶の栄養を丸ごといただけます。

 

カルシウム・鉄分・ビタミンE・β-カロテン・葉酸・ミネラルなど

 

日本人なら、ほぼ毎日お茶を飲みますよね?

 

白井田七茶の口コミを見ると子供から飲めますし、飲む人を選びません

 

妊娠中の方や授乳中で薬が飲めないけど鼻づまりを解消したい方々にとってはありがたい選択肢です

 

田七人参には血行をよくする働きがありますので、胎盤の血行にも良い影響が期待できそうですね

 

オーガニック食品で鼻づまり対策できれば言うことなしだとは思いませんか?

 

「試してみたい」と思われた方はこちらの↓

 

白井田七茶を無料で試す方法をチェックすることをオススメします。

 

白井田七茶は妊婦でも飲める理由まとめ

 

薬などと違って自然の植物であり、副作用の心配がない

 

薬には必ず副作用があります。

 

市販薬で鼻づまりを治す危険!? 【飲み薬編】

 

市販薬で鼻づまりを治す危険!? 【点鼻薬編】

 

白井田七茶は完全無農薬、無化学肥料で作られています。

 

白井田七茶が危険!?「農薬」が体内に入ってますよ!

 

カフェイン含有量が少ない(1日に1〜2杯なら気にする必要がない)

そもそも鼻づまりでよく眠れなかったり、風邪を引く方がデメリットですから

 

お茶に含まれるカフェインはタンニンと結びつくためにカフェインとしての効果が抑制されるために、

 

コーヒーのような興奮作用は弱くなりますし、白井田七茶に含まれるカフェインは1包23mgです。

 

影響はかなり小さいと考えていいと思います。

 

1日100円以下の出費で続けられる

 

白井田七茶を毎日1杯ずつ飲むと考えて

 

初回は40%OFFで試せますので1杯66円で飲めますし、

 

それ以降もずーっと1杯99円で飲めます

 

飲み続けることが難しい値段ではありませんね。

 

 

実際にどうやって飲むのか?

 

今回は友人の奥さんが妊婦でアレルギー性鼻炎ということもあり、

 

「私も飲んでみたい」ということで飲んでもらいました。

最近、私自身が濃くして飲むのが好きなので、少し濃いめの飲み方をオススメしました

 

 

180mlのお湯で白井田七茶を用意します

 

 

白井田七茶をコップにいれます

 

 

お湯を注いで

 

 

だまにならないようによーく混ぜて(100均マドラーがオススメ)

 

 

どうでしょうか?

 

 

あちち

 

 

ヤケドには注意しましょう(笑)

 

 

奥さんコメント

 

よく混ぜたのですがだんだん飲んでると沈んでくるので、途中混ぜながら飲んだ方が良さげです。

 

味は濃いめの緑茶というか抹茶のようで美味しいです。

 

180mlでも濃くて美味しかったのですが、

 

苦味も少しあるので好みでもう少し多めでもいいかもしれません。

 

(田七人参の漢方のような味は全くしなかったです。)

 

妊婦でもお子様でも安心して飲めるお茶なのがこの時期嬉しいですね。

 

飲んだ後は鼻が少しスッキリしたので、続けて飲んだら鼻づまりに効果がありそうです。


 

まとめ

 

そもそもカフェインを摂るのがNGではなくて、過剰摂取がダメ

 

コーヒーなどは一杯に対してのカフェイン含有量が多のでノンカフェインがベストかと思います。

 

ストレスを感じるほどの我慢をする必要はありません。

1日の総摂取量が150mgを超えないように

 

白井田七茶は1包に23mgのカフェイン含有量ですから

 

2〜3杯飲んでもコーヒーなどには及ばないレベルです

 

花粉症やアレルギー性鼻炎で困っているが、

 

薬が飲めない(飲みたくない)妊婦さんには最適だと思います。

 

ただし、ひどくなる前に飲むことが大前提です。

 

緑茶の成分であるカテキンには、

 

「アレルギー反応を起こす物質の発生を抑える」効果があります

 

効果の裏返しですが、アレルギー反応を起こす物質を消す働きはありません

 

ひどくなってしまうと、なかなか効果を感じることは難しいと思います

 

だからこそ飲み続けることが重要です。

 

アレルギーの原因に効果的ですが、症状をすぐに解消してくれる力は残念ながらありません。

 

生活の一部になるぐらいでちょうど良いかもしれません(習慣化)

 

妊娠中は薬が飲めないので、こういう食品で鼻づまり対策できる方法は貴重ですね。